故人とご家族に対する慈しみの気持ち

葬儀ほど、心を厳かにする機会はありません。
自分のご家族やご親族が故人の場合でも、友人知人や上司のお式に参列する場合でも、その場に赴くことにより誰もが特別な気持ちになるでしょう。
それはそれは故人とそのご家族ご親族の方のお気持ちに触れることもありますが、自分自身に向き合う場でもあるからです。
人の死に際する時は、人生を考えます。
ご自身の人生に向き合わざるを得ない瞬間でもあるということです。
そのため、その厳かな場に赴く際には相応のマナー、礼儀をわきまえておく必要があります。
ただ参列するだけでも良いという意見もありますが、気持ちを正して故人とそのご家族ご親族の方に接する上では、その慈しみの気持ちを形で表わすことが大切だということです。
お焼香、お香典に関する一般的な知識はインターネットの情報サイトなどに詳しく掲載されていますので、すぐにご確認いただけるでしょう。
しっかりとマナーを身につけて参列されるということは、相応の心構え、気持ちを携えて参列しているということにもなります。

高尾山にある由緒あるお墓
真言宗智山派三大本山の1つとして有名です

妙円寺は原宿発祥の地とされるほど歴史をもった
渋谷区のお墓を担ったお寺です

墓石のショールーム

ライジングブルのサイト

ラスターレイクのサイト